Posted by at

2007年07月20日

ヨガセラピー

昨日は1日ヨガセラピーのお勉強に行ってました。

会場へ向かう地下鉄の中で「抵抗」という言葉がきましたバス

私たちは日常、無意識に抵抗を繰り返しているみたい

目覚めた瞬間から「もう、朝か・・・」とか

外に出たら「また、雨か・・・」とか

「今日も忙しい」「ゆっくりしたい」「何で、うまくいかないんだろう」・・・etc

在りのままの現実に抵抗しているんです(笑) 僕ボクサー

でも抵抗していると在りのままのシンプルな流れに乗ることができないみたい

そんな気づきの中キョロキョロ

2回目のお勉強はギャーナ・ヨガ

どういう意味かというと自我をコントロールし

冷静に自分をみつめ、真理に到達する方法というものです。

その為のアーサナ(ポーズ)もあるけれど

自分を内観するという意味では瞑想の重要性を改めて感じました。

瞑想によって真理に到達した状態が「無心」の状態ですキラキラ 

ゆっくりした静かな専心状態(エカーグラ)

思考作用の停止した死滅状態(ニルッダ)

この二つの状態とは自分の神性と結びついていること

すなわちサマーディ(三昧)神との一体感だそうです。

朝の気づきの答えのような、内容に笑えてきましたが

ヨガとは心の在り方を学ぶ場なのです。

月1回のお勉強だけど、とても身になって

自分の心根が何と結びついているのかを見つめる1日となりました。

むだな抵抗は止めることにします(笑) ガ-ン



  


Posted by SOULBODY 福岡癒しのショップオーナー香 at 17:56Comments(0)ヨガ